2017年6月アーカイブ

遺伝性のがん

親とか兄弟・姉妹でガン、胃がんになった人がいる場合は遺伝性も疑うべきなんです。
スキルス性の場合は特に、という結果が出ています。

胃がんという病気は聞いたことがあるけれど、
さらに細かく分類されたスキルス胃がんとい病気があるのを、皆さんご存知でしょうか?
スキルス(scirrhous)とは、硬いという意味があり、スキルス胃がんとは「硬性胃ガン」ということです。

これは遺伝性が高いのだそうで。
同じ胃がんなのに普通の胃がんとスキルス胃がんとは、どうちがうの?と疑問に思う方もいらっしゃると思います。
普通の胃がんは、胃の壁に細胞が出来るのに比べて、
スキルス胃癌は胃の粘膜の下に広がっていきます。
 
そのため、普通の胃がんは、胃カメラなどの検査で早期に発見することができますが、
スキルス胃がんは胃カメラでは発見しにくく、見つかった時には、
がんが進行し他の臓器に転移しているのです。

コワイ・・・。

進行性が早いので、一度検査して安心するのではなくて、頻繁にするといいらしいですよ。
さー、すぐに医者にごーー!

このアーカイブについて

このページには、2017年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年5月です。

次のアーカイブは2017年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。