子役

子役が映画に出ていて、すごいいい演技をするとそれが記憶に残っているわけです。
なにげに見た映画で「なんかこの子見た事ある」って思ってたら、
その子役が少し大きくなって出てました。
いやー、子役って、成長するんですねー(当たり前!!)。
顔の面影はあるけど、一瞬分からなかった。

その時もいい演技をしていてまいった!
子役にまいるのだ、年をとると。

最近見た映画では「とらわれて夏」です。
これでピンときた人、いますか?

彼は「チャンジリング」に出てたんですよー。いーい演技します。
かわいいです。
今後はどんな俳優さんになっていくんだろう、すごく楽しみ。

大物とばかり共演してますねー、勉強もしてるんだろうなー。
あの子を選ぶ理由というのもちゃんとあるのでしょうけど、映画にぴったり合ってます。
ケイトの息子、というところでもぴったりで、キャスティングは100パーセント満足だ!

子役の演技で有名なのはホーム・ぁローンですけどね、
でもカルキン君はコミカルが多くて、チェンジリングに出てた子はどこか寂し気な感じが似合う。
じっさいにはどんな子供なのかも興味深い。

子役で気になったのはこの子と、「愛を読む人」の男の子。
撮影当時は18歳になってたそうですけど、俳優の勉強をしてた子で、
ドイツ人、、、ここも気になるところです。
最近また映画に出てますので、DVDが発売されたら買う予定。
どの子か分かりますか?うふふ。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12

リンク

このブログ記事について

このページは、たいきが2019年10月 1日 15:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「とめ結び」です。

次のブログ記事は「ハマの・・・」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。